(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *退位・即位の儀、政府が概要を決定
本文テキスト  政府は、天皇の皇位継承に関する退位の儀・即位の儀に関して、1月17日の式典委員会において概要を決定した。主な論点は、皇位の証である剣璽(けんじ)(剣と曲玉)の譲渡に際し、憲法に抵触しないよう考慮することと、儀式を行う時間についてであった。
 今回決定された概要によれば、天皇の地位が国民の総意に基づくという憲法1条、ならびに天皇の国政関与を禁じる4条に違反しないよう、退位の儀では天皇自らが退位の意を述べることはしない。また剣璽の譲渡についても、天皇自らが皇位を退く意志を表明したと捉えられないよう、直接の譲渡はしないとされた。そのため、4月30日の退位の儀「退位礼正殿の儀」では天皇は神器には一切触れることなく、剣璽は机上に置かれているのみとする。新天皇が即位する5月1日の「剣璽等承継の儀」において、はじめて神器が引き継がれる運びとなる。神器を置くこと自体に対して、宗教的な意味を持つといった批判もあるが、憲法上問題はないとされた。
 また、儀式の時間については、「国民のために行うものであり、常識的な時間にすべき」との理由から、日中に行うことで合意された。保守派からは厳密な皇位継承のタイミングに合わせ、深夜に行うべきだとの意見が上がっていた(読売・東京1/18、日経・東京1/18ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center