(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *東博所蔵の潜伏キリシタン資料、浦上教会展示に協力要請
本文テキスト  3月19日、長崎市浦上地区のカトリック浦上教会関係者は東京国立博物館(東博)を訪問し、11月に予定される教皇の長崎訪問に合わせて、東博が所蔵する浦上の潜伏キリシタン関連資料を浦上教会で一時展示できるよう協力を求めた。教会関係者は2月20日にも長崎県副知事に協力を要請する要望書を提出しており、今回の面会には、長崎県・長崎市の担当者も同席している。東博はマリア観音像や踏み絵、ロザリオ、絵画など長崎奉行所由来の資料284件を所蔵しているが、このうち一部を長崎市の長崎歴史文化博物館(歴博)に長期貸与している。長崎県側は、教皇の長崎訪問の時期に歴博で潜伏キリシタン関連の企画展を開催、教皇が浦上教会を訪ねることになれば、直接見てもらえるように浦上教会でも一部を一時展示することを提案した。東博側も実現可能性を探る姿勢を示したという(長崎・長崎2/21、3/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center