(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *日露戦争100年
本文テキスト  <戦争百年を記念して 日露戦争の英雄>と題した、岡田幹彦・日本政策研究センター主任研究員になる大型連載。東郷平八郎、乃木希典、小村寿太郎の3人をとりあげ、岡田氏はまず<戦後の歴史教育と歴史教科書はこの三英傑を抹殺、追放し、戦争に反対した内村鑑三ら反戦者のみ教科書にのせ、これが主役とすり替へてきた>と主張。とりわけ乃木については<司馬遼太郎の『坂の上の雲』に代表される乃木愚将論>を<これこそ誤りの最たるもの>とし、3人を最大限に評価している(16日付、23日付、30日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center