(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ウクライナ
記事タイトル *ウクライナ化政策でハンガリーと対立
本文テキスト  ロシアと事実上の交戦状態にあるウクライナでは、ウクライナ正教会がロシア正教会から独立し、学校教育をウクライナ語で行うことを義務化するなど、ウクライナ化政策が進められているが、これにより国境地帯に住むハンガリー系住民が不利益を被っている。国境近郊の町ベレホベでは、両国の国旗が掲げられ、看板も2言語表記、カトリックのミサもウクライナ語とハンガリー語で交互に行われる。民族間の通婚も多く、墓地には多言語・多教派の墓石が立ち並んでいる。ハンガリーのオルバン首相がウクライナ化政策に激しい批判を加え、2018年8月にウクライナのハンガリー系住民をハンガリー国民として扱い、同地域を所轄する地方長官を任命すると表明したことに対し、ウクライナは軍を駐留させると応酬。両国の民族主義勢力が挑発行動を行うなど緊張が高まっている(日経・夕3/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center