(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆レバノン
記事タイトル *新内閣発足、保健相など3閣僚がヒズボラ系
本文テキスト  1月31日、2018年5月に9年ぶりの国民議会選挙が行われたレバノンで新内閣が発足し、3閣僚をシーア派組織「ヒズボラ」系が占めた。選挙で躍進したヒズボラとその支持勢力が、予算規模が大きく国民の生活に直接関わるため支持の拡大が期待できる保健相など主要閣僚ポストを要求し、組閣交渉が難航していたが、スンニ派のハリリ首相がヒズボラ側の要求を受けることで合意に至った。シーア派大国イランの支援を受けるヒズボラを「テロ組織」に指定する米国は、ヒズボラの予算流用や影響力拡大に対して警戒を強めている。またイランとヒズボラを敵視するイスラエルやスンニ派のサウジアラビアなどとの緊張が一層高まることが懸念される(朝日2/3ほか)。
→ラーク便り79号52頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center