(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆サウジアラビア
記事タイトル *王女が初の女性駐米大使に
本文テキスト  2月23日、政府がリーマ・ビント・バンダル王女を駐米大使に任命する人事を発表した。同国で女性大使の起用は初めてのこと。王女は米政界に多大な影響力を持っていたバンダル元駐米大使の娘で、米ジョージ・ワシントン大学を卒業してサウジアラビアのスポーツ庁副長官を務めたという経歴の持ち主。乳がん啓発運動や女性のスポーツ振興などの分野での活躍で名を馳せ、米経済誌『フォーブス』中東版で「最もパワフルなアラブの女性200人」の一人に選出された。今回の人事の背景には、女性を積極的に要職に登用する姿勢をアピールすることで、サウジ人記者の殺害事件に関して国際的な批判が相次ぎ悪化した自国のイメージ改善を狙うムハンマド皇太子の思惑があるとみられる(読売2/25ほか)。
→ラーク便り81号54頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center