(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆サウジアラビア
記事タイトル *裁判所が妻にメールで離婚の通知
本文テキスト  夫が妻の同意なしに婚姻関係を解消できるサウジアラビアで1月6日、裁判所が離婚の事実を妻に携帯電話のメールで通知する新制度を開始し、同日165通の離婚通知が送られた。同国の離婚件数は月平均で約500組に上るが、離婚されたことを妻が認識していない場合も多く、当局は抑圧される立場にある「女性の権利を守るための制度」と位置づける。イスラム法の厳格な遵守を重視するワッハーブ派を奉じる保守的な同国では、近年ムハンマド皇太子主導の改革で女性の社会進出拡大の方針を打ち出す一方で、就職や旅行にも男性親族の許可が必要とされる「男性後見人制度」が根強く残っている(毎日1/10ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center