(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *女性人権派弁護士に有罪判決
本文テキスト  人権派弁護士として知られるナスリン・ソトウデさんが、公共の場での女性のヒジャブ着用義務に抗議したために拘束された女性の弁護を行ったことなどで国家の安全保障を侵害した罪に問われ、裁判所で有罪判決を受けたことが3月7日までに分かった。同国では着用義務を怠った場合10日〜2ヶ月の禁錮刑に処される。当局は詳細を公表していないが、2018年6月に拘束されたとみられる同氏は数十年に及ぶ禁錮刑を科される可能性がある。ソトウデさんは、人権や民主主義を擁護する活動で功績のあった個人や団体に欧州議会から贈られるサハロフ賞を2012年に受賞した(朝日3/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center