(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *宗教系財団に対する課税を決定
本文テキスト  国会は従来税金の支払を免除されてきた宗教系財団に納税義務を課す法案を2月下旬に可決した。トランプ米政権の経済制裁により歳入の約6割にあたる原油収入からの税収の減少など経済の停滞が見込まれ、「聖域」であった宗教組織に対しても課税せざるを得なくなった。課税対象となるのは、シーア派聖地イマーム・レザー廟の管理などを担う同国最大の宗教慈善組織アスタン・コッズ・ラザビ財団や精鋭部隊・革命防衛隊の関連基金など。数十にも及ぶ傘下企業を擁するラザビ財団には年間数千億円規模の収入があるとみられる。今回の決定は、対立陣営の保守強硬派が管轄する慈善団体などにメスを入れて経済改革を推進しようとする、保守穏健派のロウハニ大統領の試みだとする見方もある(朝日3/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center