(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *イラン革命40年、シーア派聖地に巡礼
本文テキスト  2月11日、イラン革命から40年を迎え国内各地で記念式典が行われた。首都テヘランの大通りでは、革命の指導者ホメイニ師や現最高指導者ハメネイ師の写真などを掲げた人々が「反米国」を主張し行進した。1979年に起こったイラン革命では近代化と世俗化を推し進めた親米の独裁王制が倒され、シーア派の宗教指導者ホメイニ師主導のイスラム勢力が権力を獲得して政教一致の支配体制が確立された。神学生らの大規模な反政府デモにより革命の発端となったシーア派聖地コムでは、40周年記念日を迎える前から聖廟などに多数の巡礼者が訪れていた。住民や法学者たちは米国を「大サタン(悪魔)」と非難し、革命体制の支持を訴えた(毎日・夕2/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center