(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *杉原千畝(ちうね)記念碑と記念樹の消失が判明
本文テキスト  2月12日、日本人外交官の杉原千畝(1900〜86年)を顕彰してエルサレム近郊のベトシェメシュに植樹されていた約400本の松などの一部が消失し、記念碑の所在も分からなくなっていることが判明した。同氏は第二次世界大戦中に「命のビザ」で約6千人のユダヤ人をナチスの迫害から救った功績によって、1985年にイスラエル政府から「諸国民の中の正義の人」の称号を受けた。同年開催された記念式典の際に行われた植樹の一部が約15年前の宅地開発工事の影響を受けて伐採され、記念碑も撤去されたとみられる。植林の管理を担当する準政府機関「ユダヤ民族基金」は杉原氏の親族に謝罪した。地元メディアは「ユダヤ人の恥」と批判し、生存者の親族らからも非難する声が上がっている(東京・夕2/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center