(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アラブ首長国連邦(UAE)
記事タイトル *ローマ教皇がUAE初訪問
本文テキスト  2月3〜5日の日程でローマ教皇フランシスコがアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国を訪問した。イスラム教の発祥地であるアラビア半島への教皇訪問は初のことで、教皇は出発前「宗教史に新たな1ページを刻むことになる」と語った。UAEはイスラム国家だが礼拝の自由を認めており、フィリピン人労働者ら約100万人のキリスト教徒が居住する。4日に開かれた諸宗教対話会議で教皇は演説を行い、礼拝の自由だけに限定されている「信教の自由」の拡大の必要性を訴えた。またスンニ派最高権威機関アズハルのタイイブ総長と会談し「人間友愛文書」に署名した。5日には大規模な野外ミサが開かれ、教皇は愛と柔和さの重要性を説いた。ミサには12万人を超えるキリスト教徒のほか数千人のイスラム教徒も参列した(カトリック2/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center