(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド
記事タイトル *チベット動乱60年
本文テキスト  チベット動乱から60年となる3月10日、インド各地では中国政府に抗議する集会が開かれた。ダラムサラで開催された式典でチベット亡命政府のセンゲ首相は「ダライ・ラマ14世がラサに帰れるよう世界中のチベット人が力を尽くし続けよう」と呼びかけ、長年の弾圧に抗議し、犠牲者を追悼した。デモ行進には3千人以上が参加した(毎日3/11ほか)。さらに同日首都ニューデリーでは、チベット青年会議主催のデモ行進に国内各地の亡命チベット人約2千人が集まった(産経3/11)。近年、チベット難民居住区では中国政府の統制強化による中国脱出者の減少と、難民の子ども世代の欧米志向によって人口減少が進み、チベットの文化や言語の継承が滞り始めているという(毎日3/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center