(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド
記事タイトル *ヒンドゥー教寺院への女性参拝で衝突拡大
本文テキスト  1月2日、南部ケララ州にあるヒンドゥー教の寺院、サバリマラ寺院に初めて女性が足を踏み入れたことをきっかけに州内各地で反対派による暴動が発生。バスが100台近く焼かれるなどデモが拡大し、5日までに1人が死亡、174人が負傷、1,700人以上が逮捕された。同寺院は、禁欲者とされる神アイヤッパが祀られており伝統的に「月経年齢」にあたる10〜50歳の女性は不浄な存在であるとして寺院への立ち入りを禁止してきたが、2018年9月に最高裁が「女性が巡礼する権利を侵害している」とする判決を下し、女性参拝賛成派が寺院への女性の入場許可を要求。以降、女性参拝をめぐり賛成派と反対派との間で対立が続いていた。女性が寺院参拝を実行する前日の1日には、判決を支持する女性たちが同州を南北に縦断する道路の約600kmにわたり列を作り、抗議していた(東京1/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center