(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆マレーシア
記事タイトル *イスラム教徒の巡礼基金で不正が発覚
本文テキスト  イスラム教徒が巡礼用の資金を預ける「巡礼基金」の不正が問題になり、マハティール政権が中心になって捜査を進めている。同基金は国民の6割を占めるイスラム教徒の巡礼資金積み立て用に1963年に設立された制度で、政府系ファンド「1MDB」がビザの発行や宿泊先の手配などを含めて管理している。2018年12月、現政権は基金の債務超過額が41億リンギ(約1,100億円)に達していることを発表。前ナジブ政権がマレー系イスラム教徒の支持基盤を保つ目的で、債務超過のまま高配当を続ける状態を放置していたことが明らかになった。政府は債務解消とファンドの運営改善を目指し、巡礼基金をマレーシア中央銀行の監視下に置くことを決定した(日経1/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center