(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *住民投票でイスラム自治政府の領域確定
本文テキスト  2月14日、南部ミンダナオ島で2022年発足予定のイスラム自治政府への参加意思を問う住民投票の結果が公表され、参加地域が5州1市63村に確定した。投票は政府と「モロ・イスラム解放戦線(MILF)」の2014年の合意に基づいて、ミンダナオ島西部やスールー諸島などで実施(対象有権者280万人)。1月21日にまず、「イスラム教徒自治区(ARMM)」所属5州に近隣の2都市を加えた計7自治体を対象に行われ、7自治体の投票結果に基づいて、2月6日にさらに別の2州で行われた。MILF主導の自治政府樹立に反発するイスラム組織が存在し、武力衝突やそれに伴う治安悪化への懸念を依然として残しつつ、22日、ドゥテルテ大統領は自治政府の前身となる暫定統治機構の議員80人を任命した(東京2/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center