(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *大聖堂でテロ、自治政府投票結果への反発か
本文テキスト  1月27日朝、南部スールー州ホロ島にあるカトリック大聖堂で爆発があり、20人以上が死亡、100人以上が負傷した。爆発があったのは計2回で、1回目は日曜日のミサが行われていた最中の聖堂内、2回目は同じ聖堂の外にある駐車場だった。同日に「イスラム国(IS)」が犯行声明を発表したが、治安当局はISに忠誠を誓う武装勢力「アブサヤフ」による犯行とみている。「アブサヤフ」はスールー州を拠点とし、「モロ・イスラム解放戦線(MILF)」主導のイスラム自治政府樹立の動きに反発している組織。同州でも行われた自治政府参加の意思を問う住民投票では反対派が過半数を占めたが、投票参加州全体で賛成票が過半数を占めた場合の規定に従って、自治政府に加わることが決定。今回の爆発事件の背景にはこの決定への不満があるとみられている(東京2/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center