(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆タイ
記事タイトル *ASEANがロヒンギャ問題への関与明確に
本文テキスト  1月18日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国外相は北部の都市チェンマイで会合を開き、ミャンマーにおける少数派イスラム教徒ロヒンギャの問題にASEANが積極的に関与していく姿勢を明らかにした。記者会見を行ったタイのドン外相は、ASEAN主導の人道支援に向けて現地調査を受け入れるようにミャンマーに要請し、加盟国による問題解決への取り組みをリストにまとめるなど、東南アジア諸国が地域全体として協力していることを強調した。2017年8月以降、国軍による迫害を逃れて隣国バングラデシュに避難したロヒンギャ難民は70万人以上。会議開催の背景として、地域統合を進めるASEAN諸国がミャンマーの国際社会からの孤立を懸念している点が指摘されている(日経1/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center