(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *毛沢東の元秘書の葬儀
本文テキスト  2月16日、毛沢東の元秘書を務めた中国共産党幹部で、後に政治の民主化を唱えるようになった李鋭氏が北京市内において101歳で死去した。葬儀は20日に北京の党・政府幹部を葬る場として権威のある八宝山革命公墓で執り行われ、数百人が参列した。李氏の葬儀には厳戒態勢が敷かれ、招待者のみ参列が許され、李氏とともに活動した言論人らの入場は認められなかった。香港メディアによると、李氏のひつぎは党旗で覆われ、習近平国家主席や李克強首相ら党幹部から花輪が送られた。米国在住の李氏の娘は、インターネット上の声明で「父は八宝山での葬儀も党旗に覆われることも望んでいない」と主張、葬儀の不参加を表明した(朝日2/21ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center