(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *学術
本文テキスト  IAHR(国際宗教学宗教史会議世界大会)における、櫻井治男・皇学館大学社会福祉学部教授が主宰したパネル「宗教と福祉?宗教の社会貢献と宗教間協力に向けて?」を中心とした藤本頼生・神社本庁教学研究所による報告。櫻井氏は「福祉社会における民族宗教としての神道の実践的役割について」、藤本氏は「ハンセン病療養施設における神社の創建・廃絶・再建」をテーマに、ほか8人が発表。海外研究者の質問が相次いだのは、宗教の利他主義、病院でのスピリチュアル・ケアについてだった(25日付)。
 国学院大学21世紀COEシンポジウム「現代日本人の宗教性を考える」が3月19日に開かれ、「超常信念」や宗教的自然観など、宗教性を考える前提として、現代の自然、社会状況の変化をめぐり議論がなされた(4日付。中外日報2日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center