(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *慰安婦金(キム)福童(ボクトン)氏の死去に市民葬
本文テキスト  旧日本軍の慰安婦だった金福童氏(92)が1月28日夜、ソウルの病院で死去したと旧日本軍の従軍慰安婦の支援団体が明らかにした。金氏は1992年に旧日本軍の慰安婦だったと名乗り、2015年の日韓慰安婦合意に反対する象徴的存在とされてきた。1月29日に営まれた葬儀には文在寅大統領が弔問に訪れ、遺影に向かってひざをつく最敬礼で弔意を示した。文大統領はFacebookで金氏の生き方をたたえ、「生存している慰安婦被害者23人のために道理を尽くす」と記した。2月1日には支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」を中心に、ソウルの日本大使館近くの路上で市民葬として告別式が行われ、陳(チン)善美(ソンミ)女性家族相や団体のメンバーら1千人以上が参列した(朝日・夕2/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center