(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *政治
本文テキスト  「新しい歴史教科書をつくる会」は全国9会場でシンポジウムを計画。10日に東京で1回目が開かれた。テーマは「日本は歴史教科書から立ち直る さらば『反日』物語」(18日付)。
 人権擁護法案を求めて4日、東京で緊急国民大会が行われた。平沼赳夫・拉致議連会長は、外国人の人権擁護委員就任を制限する国籍条項が除外されていることが一番の問題点と述べた(18日付)。
 日韓関係。島根県議会が3月に「竹島の日」を制定したことへの韓国側の反発状況や、韓国の「日本軍慰安婦サイバー歴史館」開設をとらえ、<「日韓友情年」に不信と対立が増す皮肉>との頁全体を費した記事。<もう「友情」どころではない>(4日付)。ほかに政治関連では日本会議(11日付)、神道政治連盟(25日付)の記事あり。
Copyright(c) Religious Information Research Center