(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年10月-12月
号数 81
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神宮大麻の「意義と尊さをいかに伝へるか」意義に関する社説
本文テキスト  神宮大麻頒布に関する社説。戦後、神宮大麻の頒布は神社本庁からの申し出により神宮の委託を受けるという形で、全国の神社関係者が行ってきた。戦後復興や高度経済成長期以後は頒布数が徐々に増加。神宮大麻都市団地対策などの活動も行われた結果、1994年には戦後最高の950万体を超える頒布実績を記録した。だがその後頒布実績は漸減傾向に陥る。新たにモデル支部制度も行われ、2013年の神宮式年遷宮の際には一時増加に転じたが、現在は再び減少傾向が続いている。神宮の参拝者の増加、朱印やパワースポットの流行といった現象がある一方、そのような関心が「教化活動のバロメーター」とされる神宮大麻の頒布数に結実していない。「一般における神宮・神社への関心を、いかに平易な言葉で神宮大麻の奉斎へと導いていけるのか」を社説は神社界の課題として提示する(3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center