(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年10月-12月
号数 81
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *自死遺族の権利保護シンポジウム
本文テキスト  一般社団法人全国自死遺族連絡会は10月22日、衆議院議員会館で「自死遺族等の権利保護」シンポジウムを開催した。2018年3月に同会が発刊した『自死遺族が直面する法律問題―自死遺族支援のための手引―』に基づき、弁護士・司法書士・法学者が解説した。大熊政一弁護士は、自死者が出た際に、「心理的瑕疵」を根拠に、借主(自死者)の善管注意義務違反として家主・不動産会社側から連帯保証人(遺族)への損害賠償請求につながることがあるという。これは、「自死あるいは死や穢れに対する偏見や迷信に由来するもので、自死を差別的に取り扱う要因になる」と指摘し、また追い込まれた自死者に善管注意義務を問えるのかについて疑問を呈した(8・15日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center