(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年10月-12月
号数 81
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神社本庁定例評議員会で「辞任発言」めぐる動議
本文テキスト  10月24日、神社本庁の平成30年10月定例評議員会が開催された。平成30年度補正予算が可決されたほか、芦原高穂評議員から自身を含む6名の評議員による動議が提起された。同評議員は田中恆清総長の辞意表明に関して年内に再び理事会を開催し、田中総長と鷹司尚武統理との協議の上で鷹司統理に進退を一任することを、評議員の過半数の決議によって勧告するよう求めた。芦原議員は9月11日の役員会における田中総長の発言によって辞任が成立したことは「動かしがたい事実」とし、「再び総長になるためには『神社本庁役員その他の機関に関する規定』第七条に従って、改めて役員会の議を経て統理様の指名を受けることが必要」と主張した。
 動議をめぐって議論は紛糾したが、中山高嶺議長は「辞任手続きについて書面が提出されていない」ことと、「規定上、代表役員である総長の選任は評議員会の権限に属しないため、議題として上げるのは不適当」との理由から、動議を採決しないと決定。閉会にあたって田中総長は動議について疑義を示し、報道されている百合丘職舎売却に関する不正を否定するとともに、総長の任期を全うすることを改めて表明した。鷹司統理は、出処進退は総長自身が決めることとしつつ、9月の辞意表明と10月3日の臨時理事会、常務理事会での発言内容が大きく異なっていたとし、「そういうことがまかり通るようだと神道の精神が見えなくなるので、それをお考えいただきたいと申し上げた」と述べた(5日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center