(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年10月-12月
号数 81
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *京都仏教会、年金加入問題で公開研究会
本文テキスト  宗教法人の厚生年金加入問題に関する、京都仏教会「宗教と社会研究実践センター」と臨済宗相国寺派の公開研究会が9月26日、都内で開かれた。厚生年金未加入の宗教法人に対しては、2015年頃から罰則を示した加入督促が一部で問題となっており、日本宗教連盟や全日本仏教会などが実態を考慮した対応を厚生労働省年金局に求めていた。これに対し、年金局は2018年2月以降、督促をかける規模などの基準が確定するまで、各地方の年金事務所から未加入法人への接触を保留している。洗建・同センター所長は、宗教者の「給与」や、住職等を「宗教法人から給与を支給されている従業員」とするのは、宗教本来の理念に基づく概念ではなく、課税当局や年金保険法運用上の都合に合わせた「法的擬制」であると指摘し、形式的な加入強制を差し控えるよう求めた(3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center