(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *国際宗教学宗教史会議開催
本文テキスト  「宗教?相克と平和」をテーマに国際宗教学宗教史会議(IAHR)第19回大会が24日-30日まで東京で開かれ、海外66ヵ国約700人、国内約900人が参加。10余の全体会議やシンポジウム、350以上の個別のパネル、シンポジウムが行われた。開会式では大会名誉総裁の三笠宮崇仁殿下から挨拶で「時宜を得たテーマを揚げた」大会との「お言葉」があり、大会実行委員長の島薗進日本宗教学会会長は<宗教研究の領域におけるグローバル化を背景に、アジア、アフリカなど多数の国々からの参加者を迎えたことの意義を強調した>(29日付。5日付、15日付など、仏教タイムス各号に関連記事。4月の頁に続報あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center