(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年10月-12月
号数 81
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆バーレーン
記事タイトル *シーア派系野党不在の選挙、民衆の不満高まる
本文テキスト  政治的自由に大きな制限が課されているバーレーンで11月24日に議会選挙が行われ、投票率は前回2014年から14ポイント上回り67%であった。翌25日には、40議席中31議席が12月1日に実施される決選投票に進むと発表された。隣国サウジアラビアなどは選挙の成功を称えたが、今回の選挙でイスラム教シーア派系の野党は政治活動を禁止され候補者の擁立を認められなかった。同国の王室はスンニ派のハリファ家の世襲であるが、国民の多数はシーア派の信者。公務員職などに就きやすいスンニ派と比べ所得が不安定なシーア派の間では、自分たちの意見が政治に反映されない状況に対してさらに不満が高まっている(日経11/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center