(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *元創価学会員の詐欺
本文テキスト  警視庁捜査2課と府中署などは5月9日までに、「創価学会の迎賓館を建設する」と架空話を持ちかけ、みずほ銀行から融資金約1億4000万円を詐取したとして、東京都国立市の健康食品販売業川村克彦容疑者ら7人を詐欺容疑などで逮捕したと発表。2003年12月頃、同行国分寺支店長らに対し、池田大作名誉会長の秘書を語り、「創価学会本部の意向による事業」として迎賓館建設の架空話を持ちかけた。関根容疑者の会社は実態のないペーパー会社。川村容疑者は創価大元教授と養子縁組している元学会員(毎日・東京・夕 5/9)。川村容疑者は創価大学一期生で、元教授は2004年3月に一身上の都合で退職している(赤旗 5/10)。
Copyright(c) Religious Information Research Center