(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年7月-9月
号数 80
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *「潜伏キリシタン」のシンボルマークにシンプル版追加
本文テキスト  7月5日、長崎県は世界文化遺産に認定された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の保護への理解を広げるため、広報に活かすシンボルマークの普及を強化する意向を示した。同県は潜伏キリシタンのシンボルマークとして、教会やステンドグラスがイメージされた色彩豊かなものを2007年に策定していたが、世界遺産登録を機にシンプル版を2018年7月4日から追加。企業の広報に活用してもらいやすいようにした。
 シンボルマークは県に申請し許可を得ると名刺やパンフレット、ホームページなどに使用できるほか、一定の条件を満たせば商品パッケージなどにも使用できる。しかし、2017年度に23件、2018年度に18件と既存のマークの利用は振るわなかった。同県は「構成資産の保存、活用をみんなで支えることにつなげる必要がある。県庁の各課の関係する団体や企業に周知を図り、マークが活用されるよう取り組む」としている(長崎・長崎7/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center