(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年7月-9月
号数 80
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *境内ビアガーデンに賛否両論
本文テキスト  石川県金沢市の石浦神社境内に、7月22日までにビアガーデンが開設された。北陸新幹線の開業で同神社の周辺には観光客が増えたものの、境内に立ち寄る人は少なく、長谷吉憲宮司が「参拝がてら一息ついてもらおう」と発案。同神社が兼六園と金沢21世紀美術館の間に位置することも手伝い、週末は百人を超える観光客が訪れ、ビールを楽しむようになった。同神社の地元である広坂の振興会会長は「夜の店が少ない広坂にはもってこいだ」と歓迎しているが、同神社の元氏子総代は「神域でビアガーデンなんて、百歩譲っても認められない」と苦言を呈し、金沢最古とされる神社の雰囲気が損なわれたとする。同宮司はこれらの声に、「若い人が境内に足を運ぶきっかけになっており、今後の信仰につながる可能性がある」とし、理解を求めている。神社本庁によればビアガーデンを開設する神社は各地にあり、担当者も「明確に禁止されている訳ではない」と話す。ただし神社本庁憲章には神社の理念として「境内地は、常に清浄にして、その森厳なる風致を保持すること」とも記載されている(北国・金沢7/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center