(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *JR福知山線脱線事故
本文テキスト  107人が死亡、549人が重軽傷を負った兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故の救助・捜索活動が続いていた4月26日、献花台が設けられた。事故車両の前にレールをまたぐように会議机を据え、白い布をかけたもの(毎日・東京・夕 4/27)。しかし、遺族が直接献花することはできず、花束はJR社員に託さざるを得ないことに遺族の不満が募り、4月29日夜になって新たな献花台が設けられた(毎日・東京 4/30)。供えられた花束は5月3日以降、ほぼ毎朝、JR社員によって尼崎市内の神社に運ばれ、天日干しされた後、5月31日、「お焚き上げ」が行われた(毎日・大阪 6/1)。また5月28日、快速電車が衝突したマンションの住民は、マンションの1階部分に献花台を設けて一般に開放した(読売・東京・夕 5/28)。なお、JR西日本は遺族に合同慰霊祭の開催を提案していたが、遺体安置所となっていた体育館を会場とすることなどに遺族らの反発が強く、開催を撤回した(朝日・東京・夕 5/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center