(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神職資格取得者の奉職率が減少
本文テキスト  2017年度における神職の階位取得者の神社界での奉職率は、皇学館大学・国学院大学をあわせて68.7%であったことが明らかになった。この比率は2016年度よりも10.7%低く、2004年度以来初めて70%を下回った。皇学館大学では神職資格を取得した74人のうち46人(62.2%)が奉職。奉職率は2016年度に比べ25.5%下落した。同大神職養成部によれば資格取得後に他業種へ就職する学生が増えたためという。国学院大学では169人が資格を取得し、120人(71.0%)が奉職。2016年度に比べ奉職率は約5%減少した。同大神道研修事務課は、卒業生自体が減少したことに加え、一般就職や進学の割合の増加が原因と見る。また首都圏出身の学生や女子学生、社会人経験のある学生は地方への奉職を避ける傾向がある一方、神社側も奉職年数に制限を設けたり採用基準年齢を低く設定したりする例が多いという問題があるという(23日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center