(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年3月-5月
号数 27
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *英彦山神宮、未払い債務が一時1200万円
本文テキスト  使途不明金をめぐる神職と氏子の対立などにより1千年続く神幸祭を中止する事態に陥った福岡県添田町の英彦山神宮(高千穂有英宮司)で、神札の納入業者などへの支払いが滞り、未払い債務の額が、一時約1200万円に達していたことが、4月1日に分かった。氏子らは会計責任者の高千穂英文権宮司を休職処分にし、返済を始めたが、これに高千穂家が反発。氏子を社務所から退去させ、英文氏が復職するなど、両者が決定的に対立することになった(西日本新聞・福岡 3/31、同・夕 4/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center