(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *生活保護下での孤独死増加
本文テキスト  読売新聞が東京23区と20政令市を対象に行った調査により、家族を亡くした生活保護受給者が申請する「葬祭扶助」の多くが、単身かつ高齢の生活保護受給者が死亡した際に支給されていることが分かった。
 生活保護制度には生活費や医療費の扶助などのほか、受給者の死亡時に掛かる費用をまかなう葬祭扶助も含まれている。本調査に回答した26市区のうち、葬祭扶助が単身の生活保護受給者の死亡時に支払われる割合が、「10割」ないし「ほぼ10割」であると回答したのは都内5区だった。全体を見るとさいたま市の「6割」という回答が最も低く、他の市区は7割以上を示すか、もしくは割合を示さずに「大半」と回答した。申請においては親族が死亡者との関わりを拒み、地域の民生委員や病院に申請者になってもらうケースも多いという。同紙は本調査について、葬祭扶助の支給自体が増加していることにも言及しつつ「経済的に困窮しながら孤立する単身の高齢者が増えている」と分析している(読売・東京4/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center