(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *蘇生処置の現場判断に苦慮
本文テキスト  毎日新聞が全国の主要自治体を管轄する消防本部や消防局79機関に対して行ったアンケート(74機関が回答、回答率94%)によると、救急搬送の際、心肺が停止している高齢者の蘇生処置を希望しないとの意思を示された経験のある機関が46機関あり、回答全体の6割に上った。また、蘇生処置が不要であるとの意思を受けた場合に、現場の対応で「苦慮する」と回答したのは60機関で、回答全体の8割あった。
 本人や家族らからの希望で蘇生が不要であるとされたり、医師からの蘇生中止の指示があったりしても、家族を説得して心肺蘇生を継続すると答えた機関は21機関で、現場での対応を決めている44機関中で最も多い回答であった。消防法令は蘇生措置の実施および死亡判断時には搬送しないというケースしか想定しておらず、回答全体の96%にあたる71機関が国の統一指針を「必要」としている(毎日・東京4/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center