(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *皇后さまから雅子さまへ「養蚕」継承
本文テキスト  2019年4月の天皇陛下の退位後、歴代皇后が行ってきた養蚕が、皇后さまから皇太子妃雅子さまへ引き継がれることがわかった。雅子さまの意向を受け、東宮職の幹部らが4月下旬に皇后さまから養蚕について説明を受けたほか、5月1日には「御養蚕始の儀」も視察した。さらに5月13日、皇太子ご一家が皇居内の養蚕施設である紅葉山御養蚕所を訪れ、5月から養蚕作業に取り組まれている皇后さまから、雅子さまが直に引き継ぎを受けられた。
 宮内庁によると、皇居での養蚕は明治時代、天皇の后である昭憲皇太后が養蚕業の奨励のために始められた。皇后さまは現在、伝統文化継承のために、純国産種である「小石丸」などの蚕を育てられており、取れた糸は文化財の復元や国賓への贈り物などに使われている。2019年は養蚕作業の時期に即位関連儀式が相次ぐため、雅子さまによる本格的な養蚕は2020年からになる見込み(読売・東京5/11ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center