(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現・Aleph(アレフ)・ひかりの輪)
記事タイトル *山梨県に松本死刑囚を名乗る脅迫メール
本文テキスト  山梨県は6月18日、県民からの声を受けるメール送信フォームに、松本智津夫死刑囚を名乗る人物から脅迫メールが送られてきたと発表した。同県防災危機管理課によると、メールの内容は「私の死刑を中止しなければ、サリンをまく」というもので、住所欄には東京拘置所の住所が書かれていた。メールには死刑の中止を求める内容と、県内の住宅街にサリンを噴霧するなどという内容が予告時刻とともに書かれていた。メールは同県広聴広報課の職員が発見し、県警に届け出をした。同県は各市町村や消防本部に注意喚起を行い、県警は県内各署に対して、不審物を発見した場合には適切に対応することを指示した(山梨日日・甲府6/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center