(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現・Aleph(アレフ)・ひかりの輪)
記事タイトル *オウム「真相究明の会」発足
本文テキスト  オウム真理教の取材などに関わってきたジャーナリストや文化人らが6月4日、「オウム事件真相究明の会」を結成し都内で会見を行った。同会は、麻原死刑囚が公判中に奇行を繰り返していたにもかかわらず、正式な精神鑑定を経ないまま死刑が確定したと主張している。ジャーナリストらは会見で、「麻原死刑囚に適切な治療を施した上で審理をし直し、真実を語らせるべきだ」と述べた。また、同会発起人の森達也氏は、麻原死刑囚の第一審を傍聴した際の印象について「麻原はほぼ歩けない状態で同じ動作を繰り返すなど、拘禁反応の初期の段階に見えた」と述べ「なぜ事件を起こさなければいけなかったのか、動機をはっきりさせるべきだ」と指摘した(東京・東京6/5、スポーツニッポン・東京6/5ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center