(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【3. 習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *終活情報を生前登録、「無縁仏」防ぐ試み
本文テキスト  神奈川県横須賀市は、5月1日から「終活情報登録伝達事業」、通称「わたしの終活登録」を始めた。自分が入る予定の墓のほか、緊急連絡先、エンディングノートや遺言書の保管場所などを生前に登録しておくことができる。登録された情報は、本人の死亡後、市が病院や警察からの照会に応じて開示する。市によると、2017年度に引き取り手のなかった遺骨49柱のうち身元不明は1柱のみ。身元が判明していながらも引き取り手がなく、無縁納骨堂に安置されたり、家族の墓の所在地がわからず無縁仏として納骨されたりするケースも多くあるという。無縁仏とは本来、供養する親族や縁者のいない死者のことであるが、身元がわかっていても遺骨の引き取り手がなければ、自治体は身元不明の人と同様に無縁仏として扱うことになる。こうした「身元のわかる無縁仏」の増加によって、火葬費用などの公的負担が増している自治体も多い。全国に先駆けて始まった「お墓の住民票」ともいえる同市の取り組みには、市民からだけではなく、他の自治体から多数の問合せが寄せられているという(神奈川・横浜4/18、日経・東京5/28ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center