(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *利根運河の守り神ビリケン像、壊される
本文テキスト  千葉県流山市の利根運河沿いに設置されていた「ビリケンさん」の石像が何者かによって壊され、賽銭箱もなくなっていたことが、4月2日、わかった。同市のビリケン像は、利根運河の開発会社で総支配人を務めた故・森田繁男さんが1913年に建立し、2016年に市に寄贈されたもの。現存する国内最古のビリケン像であり、市は文化財指定も検討していた(東京・東京4/6)。
 この被害を知った大阪市の「通天閣公認ビリケン事務所」は、石像の修復が完了するまでの「お留守番」として、金のビリケン像を無償提供すると発表。4月13日、現場の祠に金のビリケン像が設置された。流山市職員が像を祠におさめると、居合わせた市民らが次々に像の足の裏をなで、手を合わせた(千葉日報・千葉4/14)。
Copyright(c) Religious Information Research Center