(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【2. 仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *興正寺訴訟、和解
本文テキスト  高野山真言宗別格本山・八事山興正寺(名古屋市)について、前住職側と高野山側が住職の地位などをめぐって争っていた問題で、高野山側は5月21日、裁判外で和解したことを明らかにした。前住職は同日、高野山側の要求に応じて同寺から退去した。和解は高野山の宗務総長と前住職の協議によって決められたもので、高野山側は前住職に寺の明け渡しを求めていた訴えを取り下げ、前住職側は罷免無効を高野山側に求めていた訴訟を取り下げることで合意した。高野山側によれば5月上旬、前住職から檀家に迷惑をかけ裁判を長引かせることは本意でないとして退去の申し出があり、高野山側も裁判の長期化によるイメージ悪化の懸念があったため、和解に向けて動き始めた。
 なお高野山側は、前住職が寺所有地の売却益を不正に流出させたとして背任容疑などで告訴状を提出していたが、これについても6月上旬に取り下げた。名古屋地検特捜部は6月29日付で前住職を不起訴とした。不正流出したとされる金銭の流れが明確にされないことについて、檀家らからは不満の声も聞かれた(中日・名古屋5/22、毎日・名古屋6/30ほか)。
→『ラーク便り』78号15頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center