(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【2. 仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *マナー悪化による祭りの縮小相次ぐ
本文テキスト  ごみの投棄や騒音など参加者のマナー悪化を背景に、祭りの規模が縮小されるケースが相次いでいる。大阪三大夏祭りの一つ「愛染まつり」を主催する四天王寺別院・愛染堂勝鬘院(大阪市)は5月8日、同祭りの規模を大幅縮小すると発表した。日本最古の夏祭りとも言われる同祭りは毎年6月30日から3日間にわたって開催され、延べ約20万人が訪れる。主催者側によれば近年、ごみの散乱や祭りに集まった暴走族による騒音被害が深刻化しているが、十分な改善策を実行できるめどが立たないため、開催規模縮小という判断に至った。毎年200店ほど出店される露店の営業をすべて見送り、通常JR天王寺駅周辺から境内までの約1.5kmを練り歩く「宝恵かご行列」も境内のみにとどめる予定だという。
 同様の事態は他の祭りでも見られ、靖国神社の「みたままつり」も参加者のマナー違反を理由に2015年から露店を中止している。専門家は露店をなくすだけで問題が解決するかは疑問だとして「近隣住民も巻き込んで地域の実情に合った対策を考えるべきだ」と話す(産経・大阪・夕5/8、日経・大阪・夕5/12ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center