(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【2. 仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *虚偽登記で黄檗宗寺院住職に懲役6年
本文テキスト  担保となっていた黄檗宗寺院「安城寺」の土地建物の所有権を別の寺に移す虚偽登記を行い、1億5千万円を融資した不動産会社に損害を与えたなどとして、背任や詐欺罪に問われていた同寺住職の判決公判が5月7日に開かれ、大阪地裁は懲役6年の判決を言い渡した。判決によれば、住職は自称檀家総代の男と共謀し、担保である土地建物について不動産会社が所有権移転登記することを妨害するため、別の寺に寄付したとの虚偽の登記をした。また、黄檗宗関連施設の改修工事があると偽り、他の建設会社からも保証金名目で3億円をだまし取っていた(日経・大阪・夕5/7ほか)。
 一方、同様に背任と詐欺の罪に問われていた自称檀家総代の男は、6月15日に開かれた判決公判で詐欺罪について一部無罪とされ、懲役4年10ヶ月が言い渡された(毎日・大阪・夕6/15ほか)。
→『ラーク便り』73号23頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center