(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *伊勢神宮周辺の石灯籠514基、撤去へ
本文テキスト  三重県などは4月26日、伊勢神宮の内宮と外宮の間の道路沿いなどに立つ灯籠514基すべてを撤去することを発表した。4月14日に同宮近くの県道で路線バスが歩道の石灯籠に接触して灯籠上部の石が落下、散歩中の男性の頭部に直撃し男性が死亡した事故を受けての措置だという。
 同宮周辺の道路沿いに立つ石灯籠は1950年代に民間団体が寄付を募って設置したものだが、同団体はすでに解散しており、石灯籠は所有者・管理者不明の状態になっていた。老朽化による倒壊の危険性は以前から指摘されていた。さらに今回の事故を受けて現場周辺の26基を撤去したところ、想定以上に危険な状態であると判明。道路を管理する国・県・市が相談して514基すべての撤去を決めた。住民や観光客からは、伊勢の景観を彩ってきた石灯籠の撤去を惜しむ声も上がっている(東京・東京・夕4/27、朝日・名古屋5/13ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center