(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *宗像大社に中世の境内絵図の複製寄贈
本文テキスト  複合機大手の富士ゼロックスは4月23日、中世の宗像大社を描いた「宗像社境内絵図」の複製を同大社に奉納した。同絵図は江戸時代初期に作製されたもので、同大社の最後の大宮司・宗像氏貞の家臣が著した『宗像記追考』(1617年)の写本に折り込まれていた。同大社は1557年に焼失したが、同絵図は記憶に基づいて焼失以前の境内を描いたものと考えられている。焼失前の境内の様子を伝える唯一の絵図として貴重な史料だといい、同大社所蔵の実物は非公開だが、今回奉納された複製は一般にも公開される。
 富士ゼロックスは2008年から社会貢献活動の一環として、自社の最新技術を活かした伝統文書の複製を行っている。今回の複製については、2017年に民間人から同大社に『宗像記追考』が寄贈されたのと同時期に、富士ゼロックスが申し出たという(朝日・福岡5/8ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center