(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年4月-6月
号数 79
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *複数の神社で偽1万円札使用の男逮捕
本文テキスト  福岡県内の少なくとも7神社で偽1万円札が使われていたことが4月19日、報じられた。福岡県警は5月10日、同県福津市の宮地嶽神社でお守りなどを購入する際に偽1万円札を使ったとして、偽造通貨行使の疑いで同県飯塚市の男を逮捕した。男は同県宇美町の宇美八幡宮でも同様の手口で偽札を使用したとして、6月14日、再逮捕された。男は7神社で偽札を使ったことを認めており「神社は営利目的ではないイメージがあり、偽札が見つかっても許してもらえると思った」と供述している。偽札はカラーコピーを使ったものとみられ、透かしのないずさんなつくりだったという。専門家は神社の防犯体制がスーパーなどに比べて手薄であるとし、巫女らを対象とした偽札の見分け方の研修など自衛策の必要性を指摘する(読売・東京・夕4/19、西日本・福岡6/15ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center