(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *「主の洗礼祭」での大統領の沐浴が話題に
本文テキスト  ロシア正教の「主の洗礼祭」にあたる1月19日には、ヨルダン川で洗礼を受けたキリストに倣い、多くの人々が氷の張った川や湖で沐浴をする習慣がある。プーチン大統領も毎年この行事に参加しているとされ、2018年にもモスクワから北へ400kmの地点にあるトベリ州のセリゲル湖で沐浴を行った。国営通信社RIAノーボスチがこれに同行し、大々的に報道したことから、一時はツイッター検索のトレンドワードに湖の名前が表示されるなど、耳目を集めた。ツイッターには好意的な意見も寄せられたが、3月に大統領選挙を控えたプーチン氏が有権者に健康や逞しさ、信仰心をアピールする意図で宗教的な祭日を利用したと指摘する書き込みも見られた(Newsweek1/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center