(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *IS解体で渡航女性の帰国支援が本格化
本文テキスト  ロシアから「イスラム国(IS)」支配下のイラクやシリアに渡航した戦闘員は数千にのぼると言われているが、彼らには妻子が同行している場合も少なくない。現在、チェチェンなどを中心に約500人の母親が、娘や孫がIS支配地域に渡航して行方不明になっていると訴えている。行方不明者の多くがイラク当局により拘束され、取り調べを受けているとみられるが、母親らの陳情により2017年10〜11月頃からロシア政府が仲介する帰還事業が本格化している。帰還者やその家族に対してはロシア警察の厳しい取り調べが待っているが、母親らは、娘はテロリストではなく、夫に従うことは妻の定めとするイスラム教の戒律に従って随行しただけであると擁護するつもりでいる(毎日1/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center