(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2018年1月-3月
号数 78
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *少数民族言語の非必修化で論争
本文テキスト  プーチン大統領が2017年7月に「共通語」としてのロシア語の重要性を強調し、少数民族を主体とする「共和国」に住むロシア人が少数民族の言語を学ぶ必要性を疑問視する発言を行ったことを受け、タタルスタン共和国は同年秋にタタール語を義務教育の必修科目から外すことを決定した。タタール語はトルコ語と似たテュルク系の言語で、タタール人の多くがイスラム教を信仰している。同共和国の人口はタタール人が53%、ロシア人が40%を占めており、タタール語の非必修化で保護者や住民の間で国論を二分する論争が巻き起こり、社会問題に発展しているという(読売2/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center